Laban/Bartenieff Movement System

からだの動き(日常の動きから舞踊やスポーツまで)を「Body」「Effort/Dynamics」「Shape」 「Space」の4つを代表とする多角的な視点により言語化し、物質としての身体の動きに限らない運動全体の特徴を理解するために用いられる。(Hashimoto, 2014)
--「身体の驚くべき構造と、そしてそれが実行できる素晴らしいアクション(動作、身振りなど)は、この人間存在の最大の奇跡である。各段階の動き、体重移動、身体の色々な部位のジェスチャー、いずれも我々の内なる人生の、何らかの特徴をあらわにしている。」
--「私たちが考えることができるのは、『からだ』という思考可能な媒体を持っているからである。」
--「言語は(声は:橋本)身体運動の延長である。」
--「この世に決して変化しないものがあるとしたら、それは『変化すること』である。」
--「どんな動きでも、からだ全体が参加している。ある部位は動き手になり、ある部位はサポート役に回っている。」
--「呼吸は、身体内部空間の調整役である。」

Rudolf von Laban (1879-1958)

Irmgard Bartenieff  (1900-1981)

♪ 看護師 60代女性
医学や看護の世界で出会う機会がなかった学びです。自分自身の体をどう理解し、望まない現実とどう向き合うか。解剖学と感性の狭間を学んでいる事がとてもエキサイティングです!
♪ ピアノ講師 40代女性
動きの基本原理が地図にして示されていて「動くこと」が体系立てられたものに出会えて大きな喜びです。理論と実習によって、もともと持っていた宝箱を順に開いていく様な体験です。
 
♪ 俳優 20代 女性
違う役を演じていても雰囲気が同じになってしまうのは私たちに動きのパターンがあるから。LMA/BFでは自分の知らない世界や可能性を見つけていく学びを通して、役者の幅が広がっていく実感があります♪
 
 
♪ アレクサンダーテクニーク教師 50代女性
ラバンのMapにより自分がいかに同じパターンで動いているのかに気づき、その動きを自分が選んでいるのだと知る。 この学びは多角的な視点から観る豊かさと、新しいからだを旅する喜びを教えてくれます。
 
♪ 会社員 30代男性
身体強化等に関する理論は数多くあり、何が良いのか迷っていました。LMA/BFは身体意識と動き、空間に重きを置いた珍しい方法であり、トレーニング等を行う前に学ぶべき必須科目と思っています。
♪ 歌手 30代女性
LMA/BFは今の身体に納得するところから始まり、空間に根を生やし水を吸い上げ、伸びることを赦されます。納得せずにギャップを埋める必要を感じる理想の“型”を目指すアプローチとは異なります。
 
♪ ダンサー、保育士 40代女性
ダンスにおける長年の悩みや課題が、レッスンの中で体が反応して解決していくプロセスに、自分自身驚きと喜びでいっぱいになりました。体の変化により、心も変化し、自由に解き放された感覚を得る事ができるようになってきています。

Laban/Bartenieff Movement System

​参加者/体験者 の声

Copyright © 2019 Yuko Hashimoto. All rights reserved.